人材派遣会社 紹介予定派遣

紹介予定派遣とは何?

人材派遣会社ガイド

人材派遣会社ガイド >> 人材派遣会社について > 紹介予定派遣とは何?

紹介予定派遣とは何?

人材派遣会社 紹介予定派遣派遣会社に登録して派遣スタッフとして働く時には2種類の就業形態があります。

ひとつは「一般派遣」と言われるもので派遣会社との間に雇用関係が発生し派遣会社が契約する派遣先で仕事をする勤務スタイルです。

そしてもうひとつが「紹介予定派遣」といわれる就業形態です。

紹介予定派遣の勤務スタイル

紹介予定派遣は基本的には2〜3ヶ月くらい長くて6ヶ月間の派遣契約を派遣先の会社と交わし一般の派遣社員と同じ条件で働きます。

そして派遣契約の期間が満了した時点で働く本人と受け入れ先の派遣先の会社との合意があれば、あらためて正社員もしくは嘱託といった形で派遣先企業の直雇用で働く事になります。

紹介予定派遣とは派遣された時点であらかじめ一定期間経過後に派遣先企業の直雇用の道が自分次第で約束されている勤務形態という事です。

この紹介予定派遣のシステムは人材を受入れる側の企業にとっても、勤務する社員側にしても希望する条件に合っているかをお互いに知る事ができる効率のいい勤務形態として最近は派遣会社でも多く扱うようになってきています。

求職活動を個人で行うよりも紹介予定派遣のシステムを利用する事で、普通は入社が難しいと思われる企業へ就職するチャンスも数多くあります。

なので派遣期間内は「仕事で言われた事だけをする」というのではなく自分を採用する事によるメリットを会社側にアピールできるよう仕事に取り組みましょう。

紹介予定派遣の良い所

人材派遣会社 紹介予定派遣景気が回復してくると派遣先の会社から派遣会社への求人のニーズにも変化が起きているようです。

一定の契約期間を決めて派遣会社からスタッフを派遣してもらうという一般的な派遣での人材よりも、一定の期間派遣スタッフとして働いてもらった後に会社と派遣社員とで合意があれば正社員や契約社員などの雇用形態で直接の雇用が可能となる紹介予定派遣に対する需要が徐々に高まってきているらしいです。

会社側の紹介予定派遣のメリット

景気があまり良くなくここ数年の間は新入社員の採用を見送っていた企業が数多くあります。

そういった企業がそろそろ求人募集を再開しようとした時に大規模な求人広告を出すまでの求人数でもなかったり、新卒人員の活動時期を外れてしまっているという場合があります。

こういった時には普通の求人方法で採用するよりも派遣会社を通して紹介予定派遣から正社員として採用する方が良い人材を獲得する事ができて会社側としてもメリットが高いという考えが企業に定着しつつあります。

派遣社員側の紹介予定派遣のメリット

紹介予定派遣は、採用される派遣社員側にとっても普通は入社しないとわからない社内の雰囲気や業務内容などを実際に働きながら確認できるというメリットがあります。

また入社の時の面接だけでは伝える事ができない自分のアピールポイントも派遣期間中に仕事をこなして伝える事ができスムーズに相互理解ができます。

派遣会社のアドバイスも受けながら無駄のない職場選びの方法として大いに紹介予定派遣を活用しましょう。

人材派遣会社の紹介

アデコ

マイコミエージェント

DODA(デューダ)

リクルートスタッフィング

オー人事net

リクナビ派遣

パソナキャリア